J Veganist 養成講座 ONLINE COURSE

J Veganとは、植物由来の食(菜食)によって地球規模の課題に取り組むことを目的とした食スタイルです。
いわゆるヴィーガン(完全菜食主義)の食材条件はそのまま守り、日本の食が持つうまみの文化や発酵食品を、野菜やきのこ、穀類、豆などを基本とした植物由来の食材と合わせた魅力ある食スタイル。
地球のことを考えながら、同時に誰とでも楽しい食事の時間の共有が可能になります。

J VeganistはJ Veganの良さを知り、実践し、伝えられる人のこと。
当講座はJ Veganの目指すところを理解し実践するJ Veganist(ジェイビーガニスト)を育成していきたいという想いから生まれたオンライン学習サービスです。

「ラーニングコース」「確認テスト」「課題」にて構成されます。
「ラーニングコース」では、SDGsをベースとした地球規模の課題や現状を知ることから菜食についての基礎知識、日本独特のうま味文化や食材についてを学びます。
「確認テスト」ではそれぞれの章ごとに学んだ内容を簡単な設問に答えながら確認します。
「課題(J Veganレシピ)」の提出によって、J Veganistとしての認定が与えられます。

食の関する仕事の知識や経験がない方でも気軽に学べるプログラムとなっていますので、時間と場所を選ばず、学習を進めることができます。

J Veganist養成講座

最近、台風や大雪、猛暑など気象・気候にまつわるニュースが毎日のようにきかれます。異常気象からくる自然災害は、他人事ではありません。さらに気候変動だけではない地球の課題、たとえば人権問題や飢餓、資源の枯渇などさまざまな課題の解決に向かってゴールを定めたものがSDGsです。

地球温暖化は二酸化炭素などの温室効果ガスが原因で引き起こされています。二酸化炭素が増える要因には、特に石油や石炭などの化石燃料の使用、セメントの製造のほかに永久凍土の溶解によるもの、また動物が発生するものがあります。一方で二酸化炭素を吸収してくれる森林の消失や海の汚染が進むことで温暖化が止まらないのです。
不必要なエネルギーを消費しないことを一人ひとりが気にかけることで、二酸化炭素の増加が抑えられます。最近では動物が発生させる二酸化炭素特に、畜産業において「肉」を生産する過程で発生するメタンガス、牛などの家畜のゲップやおならが二酸化炭素を多く発生させているといいます。つまり、肉食をやめる、少なくする、肉食から菜食にシフトすることが、結果として二酸化炭素の削減につながると国連でも報告されているのです。

地球を未来に持続させようと考えた時、私たちがすぐにでもできることは何でしょうか。

私たちの日々の生活で欠くことのできない食事を通してできることがあります。野菜や果物などを基本とする菜食が、地球の環境問題などの課題解決に役立つということが一般に広く認められるようになりました。
自分や家族、近しい人たちの健康や幸せを考えるように、未来に続く地球のためのソリューションとしてのJ Veganなのです。

地球のことを考えながら、野菜やくだものなどの植物由来の食材に日本のダシや発酵食品などを組み合わせた食スタイル、J Veganについて学んでいきましょう。

49,500円(税込)

J Veganist 養成講座

地球のことを考えながら、野菜やくだものなどの植物由来の食材に日本のダシや発酵食品などを組み合わせた食スタイル、J Vegan について学んでいきましょう。

詳細を見る

3,850円(税込)

J Veganスペシャルオンライン動画セミナー

「ミシュラン日本版」創刊以来連続受賞の料亭 「精進料理 醍醐」からお届けする『J Veganと⽇本の精進料理を学ぶ 〜家庭で再現できる和のヴィーガン料理』

詳細を見る


オンラインで学習を始めましょう!

J veganist認定講座にエントリーして、オンラインで学習を開始しましょう。
スマホでもパソコンでも、いつでも学習を進めることができます。